2007年10月17日

地球破壊

ニュース23で中国の環境問題が取り上げられていました

環境問題って一番大切なことだと思ってて
ちょっとツラツラ書いてしまいました
長いし、リネとか全然関係ないので追記にしておきます
偏見も入ってますし、素人意見満載なので
興味のある人のみご覧ください。
(まずはじめに、最近の報道自体100%信じられるものでない
ということを、残念ですが述べておきます。
印象操作、誇張表現など含まれていても
ただ見ている側は見たものが事実になってしまいますから・・
今回の番組でそういうことがあったのかどうかはしりませんが
最近多いですからいい内容でもなぜか素直に信じられ無いことがあります)



黒炭の微粒子が冬の季節風に乗って、はるか中国の山西省から
日本の山陰、北陸地方をかすめて東北の山地に運ばれるとかいうことを報じていました

樹氷で有名な蔵王の木々が立ち枯れを起こしているそうです
b166.jpg
樹氷にもその黒炭粉が混ざっているそうで
酸性雨というか、酸性雪というかそういうものが降っているんでしょう

立ち枯れと言えば奈良の大台ヶ原が有名ですが
b165.jpg
あそこは増えすぎた鹿による、樹皮の食害が大きかったり
観光地化による環境変化が大きいとか、色んな影響があるから
ちょっと違うかな・・


話を戻して中国ですが、私も四年ほど前北京に行って
なんて空気が汚い国なんだろうって驚いた記憶があります
晴れてるのに空が見えない。
霧が出ているみたいに遠くが見えない状態。


今すごいペースで工業発展をしていますよね
経済成長率が10%超えてます(日本はここ最近2%程度)
確かに国が栄えることはいいことなんですが
もうちょっと視野を広げて欲しいなーと


中国系企業による、モザンビークの森林伐採もすごいと言ってました
上海での洪水の原因が、上流での伐採が進んだためらしく
補給の手をアフリカに伸ばしているみたいです

昔の日本みたいですね
自国の木を残し外国の木を輸入する


安価な労働力が豊富なために、できる製品が安くなり
それを先進国が求めているため、中国がいろいろ買いあさる

仕方ないと言えば仕方ないのですが
中国人は利益のためなら手段を選ばないといった雰囲気があるので
ちょっと中国依存の状態を世界的にも緩めていかないと
既に問題になってる、含鉛塗料や食品などに化学薬品を混ぜ込むなどは
ほんの上辺で、もっと凄いことが行われたり、これから起こるような気がします


中国が抱える人口問題も原因のひとつです
国が栄えると、国民の消費も増えていきます
超裕福層は一部といわれますが、恩恵を受け全体的な経済レベルは上がるもの
地球人口の五分の一が事を起こせば、何だって地球規模の問題になります

末端の労働者はお金を儲けているだけ、環境問題なんて政府が考えること
と、笑って話しているところが報じられていました
現在問題になってることを知らないor知る機会がないor知っても自分に関係無い
のいずれかなのでしょうか。

その中国政府も
「自分たち先進国が21世紀の中心だ」
とか言いつつ、環境問題が出てくると
「先進国の責任。我々途上国に押しつけるな」
と掌を返す対応を見せているので、根底の教育からやり直しが必要な気もします


これは何も中国に限ったことではなく、日本でも同じこと
自分本位、利益中心の考えだけで動いている人が多すぎる気がします


自分の身が安全だから興味が無いとか、自分は儲かるから関係ないとか
そろそろ他人事では済まされない問題も地球規模で起こりつつあるので
どうにかして、地球全体に現状を発信・受信できるシステムを作るなどして
意識の変化を起こさないとどうしようもない気がします



中国、そしてインドが発展を終える頃には
少なくとも今の地球環境ではありえないと思います
もはや、人類滅亡とかの話はSFだけの話ではないかもしれません
posted by cyc at 00:56| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ピザテンフォーのyutakarlsonです。中国は経済発展しているように見えますが、実体をいうと最貧国がまともな国になるための道筋を歩んでいるだけです。一人あたりのGDPで比較すると、今のままの経済成長率を維持したとして、20年後にようやっと日本の1/10になるに過ぎません。おそらく、今の経済状況では、環境などに目を配っている余裕などないのだと思います。日本を含めた先進国は、後進国の中国に対して、いずれ高い代償をはらわなければならなくなることを厳しく警告すべきです。
ところで、ピザテンフォーでは紙のピザボックスそのものを、なくす運動を展開中です。詳しくは、私のブログをご覧になってください。
ピザテンフォー全店で、紙のピザボックスをなくしたとすると、年間500トン以上のCO2削減効果があります。
Posted by yutakarlson at 2007年10月19日 14:34
yutakarlsonさんコメントありがとうございます。

ピザの箱って意外と嵩張りますからいい運動ですね。
残念ながらうちの近くには無いピザ屋さんのようでどんな配達法をとられているのか分かりませんが。

ピザは好きですが、実は宅配ピザ自体ほとんど食べない人間なのでちょっと実感がわかないのですが
こういう運動を広げていくことで、環境に対する消費者の意識変化が大きくなるかもしれませんね。

誰もが利用するものとして、過剰包装などを無くすとか言う運動を大手のスーパーなどで大々的にしていけばかなりの効果があると思うんですけど、
コスト面など実際に難しいこともあるんでしょうか
環境に対して無条件でお金を出す人はまだまだ少なそうですから。
Posted by cyc at 2007年10月21日 15:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。